復興に向けて

3.11東日本大震災。 東北から関東の沿岸部を飲み込んだ大地震による津波は沿岸部にあたる十三浜を襲いました。
特に被害が大きく、土地の6割が浸水した石巻市では、4000人 近い死者・行方不明者が出ました。
企業においても全体の約67%(約1800社)が津波の被害に遭いました。

幸い高台にある工場は無事でしたが、浜にあった工場や作業船、そして、当時まだ2回刈り取っただけのわかめの養殖棚など、全て津波に持っていかれました。
津波後、一週間と経つうちに、全国の皆さんから多くの励ましをいただき、皆さんの応援というのを身にしみて感じ、復興を決意しました。
我々の海は外洋に面しており非常に荒いため、1年や2年で立ち上がれるかは分かりません。
しかし、立ち上がるからには、みんなでいいものを作り、販売し、後継者が安心して生活できる所まで、もっていきたいと思います。

有限会社 タツミ食品
代表取締役 遠藤市男